看護師の就職活動は最終学年の前の年と、春休みが狙い目

 看護師として就職をするときには、最終学年よりも前の年の長期の休みを利用して、業者の開催する就職フェアのようなものに参加することがよいです。そこでは、多くの病院がブースを出しており、1日の限られた時間で多くの病院の説明を受けることができ、時間の短縮になります。場合によっては地元の病院だけではなく、遠方の病院もブースを出していることもあり、遠方に出向かなくてもその病院のことがわかるといったメリットもあります。
 就職フェアのようなもののなかで、気になった病院をいくつかピックアップしておいて、後日その病院独自が行っている就職説明会に参加したり、インターンシップに参加したりすると、その病院が自分にあっているのかどうか、よく考えることができます。特に実際にその病院に行って、インターンシップに参加すると、説明だけではなく、病院の雰囲気や実際に働いている人の様子も垣間見ることができ、実際の病院のことを知ることができます。それのみならず、インターンシップに参加した病院に就職をしたい、と思ったときにも、履歴書に記載する志望動機などに具体的な内容が記載できて、面接での受け答えをはじめとした採用試験において有利になると思われます。
 時期的には、最終学年の前の年ですと、まだ精神的にもゆとりがあることが多いです。最終学年になると、特に就職試験が行われる頃は前期の実習と重なっていることも多くて、じっくりと就職について考えにくい状態になっていることもあります。実習の事前学習をしないといけない、授業の課題はある、国家試験の勉強もしないといけない、そんな追われている状況では、本当に自分に合っている職場なのかどうか、ということを考え、的確な判断をすることができないことも考えられます。そのうえで最終学年を迎える春休みは、就職したい病院を絞り込み、この選択でよいか再度考えたり、応募書類の入手方法を調べたり、実際の試験日を調べたりして、最終的な準備を整えておき、いざ、募集が始まったら、即、応募ができるよう準備を整えておくとよいですね。

医師 転職 産業医

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です